クエリ構文

クエリ構文は、SQLに似た構文でLinqを使うことができるようにするためのシンタックスシュガーです。

ただし、Linqのもつ51の全メソッドのうちのごく少数(約5分の1)しか使えないため、当サイトでも使用をお勧めしていません。

ただし、書籍のサンプルや、会社で他の人が書いたソースを読むときに最低限のものは知識として必要です。

クエリ構文では、クエリ式内で使用するキーワードのことを「句」と呼んでいます。「句」には以下のものがあります。

コンテキストキーワード

特定のクエリ構文内でのみキーワードして機能するものを「コンテキストキーワード」と呼びます。以下のものがあります。

  • into(select句、join句、group句)
  • on(join句)
  • by(group句)
  • in(join句)
  • ascending(orderby句)
  • descending(orderby句)
  • equals(join句)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です