GroupBy4-1

機能

指定されたキー セレクター関数に従ってシーケンスの要素をグループ化し、各グループとそのキーから結果値を作成します。 各グループの要素は、指定された関数を使用して射影されます。

引数

  • Keyセレクタ+Elementセレクタ+Resultセレクタ

返値

  • IEnumerable<TResult>

サンプル

下記のサンプルでは、切り捨て年齢をグルーピング化のキーとし、要素の年齢を新しい要素の値としています。さらに、キーと要素の年齢を元に、(キー、グループの要素数、グループの最小年齢、グループの最大年齢)を新しい要素の値としています。

関連

| GroupBy | Group1-1 | GroupBy2-1 | GroupBy3-1 | GroupBy4-1 |

参考

Enumerable.GroupBy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です